×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

高いものを使えばいいというものではない

高濃度の保湿液等、かなりお高い分その効果もすごいとよく聞きます。

近頃販売されている高濃度の保湿液等、かなりお高い分その効果もすごいとよく聞きます。試してみたいなーと思う反面、専業主婦の私にはちょっと手を出しにくい…。そこで私がいつもやっている保湿・美白方法。

 

まずは保湿。とにかく空気を乾燥させない!特に冬場なんですが、暖房などを入れるとどうしても室内の空気が乾燥してしまいます。寒さには勝てずついつい温度を上げてしまいますよね。それに比例して肌も乾燥します。なんだかほっぺたがパシパシします。

 

唇の皮もめくれてしまいます。笑うと切れて血がにじんでとっても痛いです。そういう時は洗濯物!毎朝選択して濡れたもの(シャツなどの大きなものより、靴下やハンカチなどの小物)をあえてリビングに干します。

 

 

洗濯物は早く乾くし、洗った水分のおかげで部屋があまり乾燥しません。結構バカにならない威力があるので、ぜひお試しください。そして美白。こちらも高い化粧水には手を出しにくいので、いわゆるドラッグストアなどに売っているプチプラ化粧水・美白液を購入します。

 

そしてちまちま使わず、大量に!思い切りよく!安物なんだからいっぱい使います。高いものをちまちま使うよりずっと効果が出ますよ。私の場合、夏場にはワキに使ったりもします。脇の黒ずみを気にしていた時に塗り続けていたら、少しずつマシになってきました。

 

どこにでも打っている安い美白化粧水を、たっぷりしっかり肌にしみこませる。これが私の美白方法です。

 

トップページへ戻る


このページの先頭へ戻る